テーマ:安全安心のまちづくり

北九州市の瓦礫受け入れについて

6月20日北九州市が、西日本の自治体として初めて東日本大震災の震災がれきの受け入れを表明しました。事前の焼却試験の結果、焼却灰の放射能濃度が、国の基準(8000ベクレル)、市の独自基準(330ベクレル)を下回った最大で1キロ当たり30ベクレルだったのを受けて、北橋市長が決断をされました。深甚なる敬意と感謝を表します。 これに対して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土木建築委員会の県内視察に行きました。

5月14日(月)土木建築委員会の県内視察に行きました。今回は、剣川直轄特定緊急砂防事業、一般県道中ノ関港線道路改良事業、一般県道南岩国尾津線道路改良事業、岩国錦帯橋空港ターミナル建設事業の4ヶ所を視察しました。 「剣川直轄特定緊急砂防事業(防府市)」 平成21年7月21日に発生した豪雨により防府市・山口市を中心として土石流災害が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8月定例県議会土木建築委員会の答弁おこしです。

9月20日(火)8月定例県議会土木建築委員会における私の質問の答弁書ができましたので掲載します。 Q,二木 局地的な集中豪雨に対応した治水対策検討委員会の提言について先程説明されたが、今回の提言のポイントについて説明いただきたい。 A,河川課長 委員会では、現行の河川整備基本方針等が局地的な集中豪雨に対応したものであるか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いわき市ボランティアセンター他を視察しました。

7月26日(火)視察2日目は、いわき市のボランティアセンターに視察に行きました。 毎日150名以上のボランティアの方が、全国から支援に来られるそうです。 運営スタッフの多くは、全国の社会福祉協議会から派遣された職員の皆様です。 「山口県からボランティアに来ました。」とお話をしたところ地元のボランティアの方から 「そんな遠くか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東日本大震災による福島県いわき市小名浜港他の被災状況を視察しました。

7月25日(月)山口県議会自民党土木建築部会の会長として同僚議員5名と福島県小名浜港湾建設事務所に視察に行きました。同事務所には、震災以降から山口県の土木建築部の職員が延14名派遣されており、派遣職員の激励を兼ねて訪問しました。 小名浜港は年間取扱貨物量が14百万トン(平成22年実績)の重要港湾で、所在地のいわき市の製造品出荷額は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一般質問に登壇します。

6月15日(水)議会運営員会が開催され、6月定例議会の会期が6月22日(水)~7月8日(金)までの17日間と決定しました。懸案でした議場でのクールビズもようやく決まりました。 その後、自民党の政策委員会が開催され、代表質問が、友田有議員(下関市)。一般質問が、私と島田教明議員(防府市)に決まりました。 私の登壇は、6月28日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユンボの講習会2日目です。

6月12日(日)ユンボの講習会2日目です。今日は、実際にユンボに乗り、運転操作技術を学びました。生憎の雨の中でしたが雨合羽を着て訓練を行いました。 以前ユンボは各メーカーにより操作方法が違っていましたが、JIS規格で統一されたそうです。しかし救済方法としてマルチボタンがついており切り替えることができるそうです。 7時間の短い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユンボ(小型車両系建設機械)の特別教育を受講しました。

6月11日(土)東日本大震災から3ヶ月が経ちました。しかし、復興はおろか復旧も遅々として進みません。いまだに仮設住宅の建設が50%程度、瓦礫の撤去に至っては22%程度とあまりにもスピード感がありません。一日も早い復興の為にはまず生活の場の確保と瓦礫の撤去が急務です。 瓦礫が散乱している状態では生活再建しようとする気も起きません。道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土木建築委員会の副委員長に再任されました。

5月12日(木)常任委員会の正副委員長選があり、土木建築委員会の副委員長に再任されました。 あらためて責任の重さに身も引き締まる思いです。 今、山口県の土木建築行政は二度の豪雨災害の復興や東日本大震災の復興支援など多くの課題がありますが、これまでの経験を生かし、一生懸命取り組んでまいります。 にほんブログ村
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沢波川排水機場通水式に県議会議長代理で出席しました。

3月26日(土)沢波川排水機場通水式に土木建築委員会副委員長として出席しました。 平成11年9月の台風18号によって発生した高潮により、沢波川河口付近が氾濫し、JR床波駅周辺の市街地において、床上浸水168戸、床下浸水46戸、半壊153戸の大きな被害が生じました。 そこで県では、沢波川の高潮対策として平成12年に事業着手し、排水…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東日本大震災支援の街頭募金に参加しました。

3月19日(土)20日(日)フジグラン宇部店で自民党山口県第三選挙区支部(河村建夫支部長)と自民党宇部支部(杉山孝治支部長)合同の街頭募金が行われ、河村建夫衆議院議員はじめ大勢の自民党員が参加しました。 既に山口県議会では議員1人当たり5万円(47人)の募金を行いましたが、他に何か出来ることはないかと思い、街頭募金に参加しました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東北地方太平洋沖地震のお見舞い

3月16日(水)東北地方太平洋沖地震で被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。 あわせて一日も早い復興をお祈り致します。 山口県は、地震発生後、3月11日に支援準備連絡会議、15日に支援連絡会議を設置しました。 支援内容は、人的支援として、医療チーム20名、警察関係52名、消防関係(山口県隊13消防25隊)107名他を派遣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇部市自衛隊入隊・入校予定者激励会が開催されました。

2月26日(土)宇部市自衛隊入隊・入校予定者激励会が、宇部市男女共同参画センターで開催されました。 本年度は、防衛大学への入校者が1名、自衛隊入隊予定者が10名です。 我が身の危険を顧みず、日本の平和と独立を守り、国民の生命財産を守るという崇高な任務に志願された新入隊員や新入校者に深甚なる敬意と感謝を申し上げます。これから厳しい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドクターヘリの運航開始式が開催されました。

1月21日(金)ドクターヘリの運航開始式が、山口大学付属病院内のヘリポートで開催されました。 ドクターヘリは、ヘリコプターで医師と看護師を重篤な患者が発生した場所にいち早く派遣し、初期治療を開始する救命救急システムです。ちなみに料金は、治療費を除き無料です。 県内は、離島や中山間地域が多く、重篤な患者を生死の分かれ目である30分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どんと焼きがありました。

1月9日(日)黒石校区恒例のどんと焼きが、黒石ふれあい広場において約100名の地元の皆様が出席し、盛大に行われました。 寒風が吹く中、黒石校区コミュニティ推進協議会の皆様のぜんざいと焼き芋の接待に身も心も温まりました。 「どんと焼き」
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇部市消防出初式が行われました。

1月8日(土)宇部市消防出初式が、渡辺翁記念会館において関係者500人が参加し、盛大に挙行されました。 山口県は、2年連続で豪雨災害が発生し、消防の救助出動がありました。 あらためて消防士や消防団員の皆様の昼夜を問わず危険を顧みない消防活動や救助活動に感謝し、今年こそ災害のない穏やかな年になるよう祈念します。 「30mのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

臨時県議会が開催されました。

7月28日(水)平成22年7月臨時県議会が開催され、 7月15日大雨災害対策関連事業費として総額76億7800万円の平成22年度一般会計補正予算が成立しました。さっそく厚狭川や木屋川流域の災害復旧が本格的に始まります。 厚狭川につきましては、「河川激甚災害対策特別緊急事業」の採択を国に要望しており、採択されれば、概ね5~7年かけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇部総合支援学校の視察に行きました。

4月20日(火)先日、宇部総合支援学校の入学式に出席しました。 その後、ある会合で教員の方に「ぜひ中学校の校舎を見に来てくれ」と懇願され、視察に行きました。 宇部総合支援学校の中学校は、昭和40年の建築で築後45年が経過して、老朽化が著しい状況です。 建物の外壁にはクラックが入り、木造の教室や廊下は、傷みが激しく、修理の跡が多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

厚東川河川整備計画について

4月19日(月)厚東川河川整備計画について宇部土木建築事務所で説明を受けました。 梅雨時を前に、厚東・厚南・西宇部・黒石校区自治会連合会の皆様の要望で実施したものです。 「説明会」 7月21日の豪雨災害時には、厚東川ダム周辺では、降り始めからの総雨量が239mmに達しました。 厚東川ダムは、午後12時に最大流入量…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国道262号線の災害現場を視察しました。

8月4日(火)土木建築委員会で国道262号線の災害現場を視察しました。 この度の「中国・九州北部豪雨」に伴う臨時県議会が7日に開催予定で、災害対策補正予算が審議されるため事前に視察を行いました。 防府土木事務所の長尾所長より被害状況の説明を受け、現地を視察しました。 防府市の21日の降水量は、24時間で275mmを記録し、これ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻生総理が被災地の視察に来られました。

7月29日(水)麻生総理が「平成21年7月中国・九州北部豪雨」の被災地視察のため、自衛隊特別機で山口宇部空港に来られ、二井知事、島田議長はじめ県関係者や関係市長がお迎えをしました。 私も自民党の土木建築部会の副部会長として総理をお迎えしました。 山口宇部空港内の会議室で二井知事から豪雨に伴う被害状況について説明があり、下記の4つ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「宇部市防災メール」登録のお勧め

7月24日(金)山口県は、この度の豪雨による災害に際し、梅雨前線の停滞により本日から明日までに、時間最大雨量30mm、累計100mmを超える豪雨が予想されるため「緊急通知」として、第二次災害防止対策や住民の避難対策について関係機関に指示しました。 「山口県から緊急通知」 http://www.pref.yamaguchi.lg.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

記録的な大雨による被害が発生しました。

7月21日(火)1時間に90mmという記録的な大雨による被害が、宇部市内で発生しました。 私の近所を流れる厚東川でも厚東駅前で越水があり、13時3分に避難勧告が出されました。 そこで私も避難場所である厚東ふれあいセンターに駆けつけましたが、 その途中で、浸水した事務所に女性が二人取り残されているとの情報を聞き、すぐに消防のレス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more